読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

司の日記

日々の雑感と憂国

舛添氏、姿見せず=最後の定例会見―疑惑説明放棄し、舛添氏、姿見せず=最後の定例会見―疑惑説明放棄し、辞職へへ

まあ、何と言うか都民は不明を恥じるべきです。このような事態になったのは都民の責任です。インターネットで少し調べれば舛添氏には投票してはいけないというのはすぐに理解出来たはずです。次の都知事選では間違いは許されません。

舛添氏、姿見せず=最後の定例会見―疑惑説明放棄し、辞職へ
時事通信 6月17日 17時7分配信

 政治資金流用をはじめとする公私混同問題の責任を取り、21日付で辞職する東京都の舛添要一知事は、17日の定例記者会見に姿を見せなかった。

 知事として臨む最後の定例会見となるはずだったが、報道各社が加盟する都庁の記者クラブに欠席の意向を事前に伝達。クラブ側は出席を求めていたが、応じなかった。

 舛添氏は15日に都議会が辞職に同意したことを受け、本会議で「全て自らの不徳の致すところだ」などと語ったのを最後に、報道陣には口を閉ざしている。都によると、21日も退任会見を開く予定はないといい、一連の問題に関する説明を放棄した形で都庁を去ることになる。

 定例会見は原則として、毎週金曜日の午後2時に開催。高額な海外出張費や公用車による別荘通いに加え、政治資金の流用疑惑に批判が高まった5月以降は、会見場に入り切れないほどの報道陣が押し寄せた。

 しかし、この日の会見場は閑散としており、訪れたのは状況をリポートするテレビ局スタッフら、わずかだった。定例会見を毎回、生中継しているローカル局東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)は急きょ、別の番組に差し替えた。